グリーンミュージックフェスティバル!

毎年6月と12月に開催される「グリーンミュージックフェスティバル」。
千葉市子ども交流館の音楽スタジオを利用して、活動している高校生バンドが
日頃の練習の成果を発揮する舞台です!
 
今年度は6月26日に中央公園野外ステージで開催され、
12月23日に千葉市こども交流館アリーナで開催されました。
 
 
001

今回は、小松優一先生指導による
「ヴォーカルレッスン」の子どもたちの発表からスタートしました!
 
002
小学生クラスでは、「Believe」をみんなで合唱しました。
可愛かったですね。
 
003
高校生クラスの2人は、大原櫻子の曲を熱唱しました。
さすがに上手でしたね。
 
004
最初のバントは、Quintet。
普段の練習の成果を存分に発揮できたようです。
 
005
次に登場した4人組「Palliys」は、
ONE OK ROCKのカバーを演奏し、
観客を魅了しました。
 
006
続いて登場したのは、ガールズバンド「Stanza☆」です。
高校生らしいさわやかな演奏で好印象でした。
 
007
High 10-shon applesのメンバーは、当館のミュージックレッスンに参加して、腕を磨いてきました。
そうした成果はあったようですよ。
 
008
次に登場したのは、コンサートの常連「DRIP」です。
独自のキュートな音楽性は、小松先生からも高評価をいただきました。
 
009
今回唯一、サンタの衣装で演奏してくれた「#□TissuE」は、
メンバー全員性格も明るく、回りの高校生からも大人気でした。
 
010
夏グリフェスに続いて登場してくれた「FUNKY RABBITS」は、
その高い演奏技術に、小松先生からも高評価をいただきました。
 
011
続く「Bangings」も夏グリフェスに続いて登場、
唯一PCでソフトシンセを演奏するファンタジックな世界が印象的でした。
 
012
高校生のとりを務めたのは、独自の高い演奏技術を持つ「Chocolates」です。
夏グリフェスでも披露した清志郎の曲では、小松先生のハートをがっちりと掴んだようです。
 
013
ゲスト枠の1番手には、OBの大学生サークル「Jupiter」が出演、
KIROROや藤原さくらの曲を演奏してくれました。
 
014
最後は、グリフェスに参加してくれていた先輩たちから、Mina&大樹が演奏しに来てくれました。
少し大人っぽくなった2人の心地よい演奏で、今回のグリフェスは終了しました。
 
 
015 016
今回も、出演者の皆さん、子ども運営委員の協力で大成功に終わる事が出来ました。
ありがとうございました!
次回、またどんな素晴らしいバンドが出てくるか、楽しみですね。(^^♪
 

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。